タンクトップ

大きいサイズのタンクトップ

暑い夏には、汗染みを気にせず着られる「タンクトップ」は手放せません。
キャミソール

大きいサイズのキャミソール

夏に活躍するキャミも、インナートップスを秋冬仕様にアレンジすれば、寒い季節でもまだまだ使えます。
ストッキング

大きいサイズのストッキング

ストッキングは窮屈なイメージがあり、出来るなら履きたくないという女性は多いと聞きます。しかし、医学的には「ストッキングは履くべし」という主張があります。
水着&浴衣

大きいサイズの浴衣(レディース)

浴衣や着物って、ガリガリさんよりも、ぽっちゃりさんの方が似合いますよね。是非、気に入った浴衣が見つかればいいのですが…
トップス

大きいサイズのポロシャツ メンズ

環境省が定めるクールビズでは、「ポロシャツ可」とされていますので、近年は「ビズポロ」と呼ばれる、ビジネス向けのポロシャツが人気です。
大きいサイズ専門店

50代におススメ!大きいサイズの通販ショップ

「若々しさを保ちつつ、大人の余裕も感じさせる」そんな理想の"50代のファッション"をあなたも、是非手に入れてみようではありませんか。
大きいサイズ専門店

40代におススメ!大きいサイズの通販ショップ

40代は、気持ちのうえでは若いつもりでも、実際にはボディラインも崩れ、たるみも出てくる微妙な年齢です。
下着&靴下

大きいサイズのブラジャー Kカップ

さすがにKカップともなると、ネット上でも取扱店舗は限られてきますが、海外ものも含めて、彼女の悩みに対応する事は可能でしょう。
柳原可奈子

柳原可奈子さんのかわいい服は、どこのブランドのものですか?

柳原可奈子さんが、テレビ番組の収録などで良く着ているブランドの一つが「VARAL DE MODA+(バラオ デ モーダ プラス)」です。人気のおしゃれな「プラスサイズ専門のファッションブランド」ですから、知っている方も多いのではないでしょうか。
森三中

森三中のスタイリストと『ハッピーマリリン』がタッグ!

M〜6Lまで幅広いサイズ展開をするブランド「モンスタードロップス」のデザイナーと言えばSUSIEさん。ご存知の方も多いでしょうが、彼女こそあの森三中のスタイリストなのです。
下着&靴下

大きいサイズのスポーツブラ

スポーツブラって、カップ付キャミソールと何が違うのでしょうか?むしろ、普通のブラの方が胸が固定されて良いように思うのですが…
下着&靴下

大きいサイズの可愛いブラジャー

「大きいサイズのブラジャー」と言えば、地味でおばさんぽいものが定番でしたが、最近ではホワイト以外にもピンクやグリーンと色も様々。
トップス

大きいサイズのポロシャツ(レディース)

何枚あっても困らないレディースファッションの中でも、ポロシャツは人気のアイテムの一つでしょう。清潔感がありますので、コンビニを筆頭に仕事着に採用している企業も多いようです。
水着&浴衣

大きいサイズの水着(レディース) 6L以上

胸が大きいため、普通に売っている水着では胸が零れてしまうという方など、体型からくる水着の悩みを抱える方は多いです。
メンズ

これが定番!「大きいサイズ メンズ専門店」

最近のネットでは、大きいサイズのメンズ服が買える通販ショップが目白押し。 サイズが豊富だし、色柄もそろっている。様々なパターンの洋服を見て、比較検討出来る舞台が整っているのです。
チュニック

大きいサイズのチュニック

チュニックは、ウエスト周りからヒップまでをふんわりと覆ってくれますので、体型をカバーしてくれるアイテムとして、昔から女性には非常に人気の高いアイテムです。
ワンピース

大きいサイズのワンピース

例えば、コットンワンピースなどはいかがでしょうか?胸下からふんわりと広がるタイプがおススメ。お腹のラインが出にくく、ぽっちゃりさんでも抵抗なく着れます。
水着&浴衣

大きいサイズの水着(レディース) 3L、4L、5L

友人と海に行く時に着る水着を探しているのですが、体に合うサイズ(3Lか4L)のものが見つかりません。ビキニでもワンピースでも良いのですが、出来るなら低予算で売っているショップがあれば教えて欲しいのですが…
カットソー

「大きいサイズ」定番通販で人気のカットソー

英語のcut(切る)とsew(縫う)の造語から名づけられた「カットソー」。 編物生地を裁断し、縫製して作られた服のことを総称してこう呼んでいます。
大きいサイズ専門店

ネットで注目の「大きいサイズ 専門店」

「体に合うサイズが見つからない」「気に入るデザインが見つからない」「買える店舗が限られてしまう」と、それぞれの悩みは深刻ですが、どんなコーディネイト術よりも、まずは自分自身に合うサイズの洋服を置いているお店を、キープしておきたいと言うのが、彼女たちの心理ではないでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました